Blog&column
ブログ・コラム

家の固定資産税について

query_builder 2021/07/08
コラム
18
今回は家の固定資産税について見ていきましょう。

▼固定資産税
固定資産税とは、所有している家や土地にかかる税金のことを言います。
毎年4月~6月にかけて、家や土地の所有者のもとに納税通知書が届きます。
手元に届いた納税通知書は、一年分を一括で支払うことも可能ですが、4期分を分割払いする方法もあります。

▼家の固定資産税について
家を建てたり、購入したりすると、その所有権を自治体に登記することになります。
自治体は、1月1日時点での登記情報をもとに、固定資産税を計算し、所有者宛に納税通知書を郵送します。
家の固定資産税の金額というのは、「固定資産評価額×税率(標準税率1.4%)」で計算することができます。

固定資産評価額というのは、自治体ごとの基準に基づいて評価した、家の価値のことです。
家の値段がそのまま評価額になる訳ではなく、さまざまな控除や特例を踏まえたうえで金額が決定します。
また、税率は自治体ごとに違いますが、ほとんどの場合が1.4%を採用しています。
これらを踏まえたうえで、例として家の固定資産評価額が2,500万円の場合であれば、固定資産税は(2,500万円×1.4%)で35万円となります。

▼まとめ
家を建てると、月々の家のローン以外にも毎年納めなくてならない固定資産税というものが存在します。
弊社では、住宅にかかる費用の他にも、保険や固定資産税に関しても丁寧に分かりやすくご説明させていただきます。
大切なお客様の暮らしを守るために、さまざまなプランをご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 5/8・5/9 ZEH説明会開催!

    query_builder 2021/04/28
  • 注文住宅ができるまでの期間とは?工程も併せてご紹介!

    query_builder 2021/11/15
  • 注文住宅の間取りってどうやって決める?ポイントをご紹介!

    query_builder 2021/11/01
  • 注文住宅のメリットについて

    query_builder 2021/10/22
  • 注文住宅のトイレについて

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE