Blog&column
ブログ・コラム

オール電化住宅の停電には蓄電池があると安心

query_builder 2021/06/17
コラム
13
今回は、停電リスクの高いオール電化住宅に備えておきたい蓄電池の役割について見ていきましょう。

▼オール電化住宅が停電になるとどうなるのか
オール電化住宅での暮らしは、食事やお風呂、照明から冷暖房に至るまで、生活のすべての熱源に電気を使っています。
その為、停電がおきると、料理を作る為のIHクッキングヒーターやお風呂のお湯、快適な室内温度を保つための冷暖房などが全て使えなくなってしまいます。
新築のオール電化住宅であっても、真冬に電気が止まってしまえば、寒さに耐えしのぐことは困難ですし、トイレ水が流せないトラブルも起こります。
オール電化住宅というのは、生活が便利で快適な反面、停電のリスクが高いということを覚えておきましょう。

▼オール電化住宅の停電は蓄電池があると安心
蓄電池を備えておけば、たとえ停電になっても非常用の電源として使用することができます。
蓄電池のもちは、使用方法にもよりますが、フル充電の場合であれば、4人家族でも1~5日程度もつと言われています。
長引く停電にも備えたい場合は、太陽光発電と組み合わさった蓄電池がオススメです。
蓄電池があれば、日光をエネルギーとして自家発電により電気を充電できるので、長期間の災害時にも安心です。
また、蓄電池を電気代の安い夜間に充電しておき、電気代の高い昼間に充電しておいた電気を使うことで、停電がおきていない普段の生活での電気代の節約にも繋がります。

▼まとめ
弊社では、お客様がオール電化住宅をご検討の際、オール電化のメリットだけを伝えるのではなく、停電がおきた際の対処法についても、丁寧にご説明させていただきます。
また、太陽光発電などでエネルギーを蓄えることで、消費電力を0にする、省エネ性能に優れた「ZEH」のご注文も承っております。

NEW

  • 5/8・5/9 ZEH説明会開催!

    query_builder 2021/04/28
  • 注文住宅ができるまでの期間とは?工程も併せてご紹介!

    query_builder 2021/11/15
  • 注文住宅の間取りってどうやって決める?ポイントをご紹介!

    query_builder 2021/11/01
  • 注文住宅のメリットについて

    query_builder 2021/10/22
  • 注文住宅のトイレについて

    query_builder 2021/10/15

CATEGORY

ARCHIVE